カテゴリ: レースチーム

CB4A0042






















私の人生の中で「やりきった」感覚の事柄は少ない。
A級になった年の開幕戦までと、レースチーム運営した4年間のみ。

私をよく知る人の苦笑いが頭に浮かびます。

やりきったと言いつつも、レースチームの活動再開は心の根底に常にあり、それに向って進んでいます。


ひとりっ子だからでしょうか?
飽きっぽい性格も持ち合わせている。私ですが。

3人に教えてもらった楽しさは心の根底から離れません。

この3人と無我夢中で走り続けてきた時間で積上げたものと、無我夢中で、やるのを忘れてきてしまった物。

今の考え方ができていれば、もっと楽しかったのに。
と、最近常々思っています。

後悔ではないです。


あの人が「辞めた訳じゃない。」と、2年前、私に言ったあの表情と気持が、今になって理解でき、自分に当てはめられるようになったのかも。

3d0b732e672cbd243f7d00c26817ec1b





























私の工具箱の最上段に、ずっと入っている物です。

2005年、私たちのレースチームとして、もっとも好成績をおさめたシーズン。

全日本東北大会 藤沢。
この時点でランキングトップ。
チャンピオンの可能性大。

スタート直後、他車の転倒に絡んでしまい、リアキャリパーと、リアブレーキディスク、リアホイールハブ
干渉し、スポークが数本折れた状態。

ライダーの、どうしても走りたいという気持がこの状態のバイクを走らせました。
まだ、10分+1周だったこのレースで、最後尾から19人抜いて
11位でゴール。
帰ってくるまで、この状態だと誰も気づかなかった気迫あるレースでした。

その日から、私の工具箱にずっと入っています。

この気持に応えるために、ずっと見えるところにおいて整備していました。



レースチームとしてフル参戦した最後の2007年から2シーズン。

試行錯誤してきましたが、2008年、2009年と納得できる環境を作る事ができませんでした。


このキャリパーを見るたびに、沖幸子と仲間と積上げた時間を無駄にできないと感じます。


自分の力のないことが現実。
自分自身が納得できる環境を作れるまで、レースチームの活動は休止することにしました。


やる!と思えるライダーとの出会いは大切で、そのタイミングは貴重です。 
そのタイミングを逃がさない為に、日々努力していきます。


現在、そのための計画を進めているので、早い段階で実現したいと考えています。

20091208203641






















今年も美味しい料理食べてきました。

年に1回の楽しみなのであります。

ありがとうございます。

今年も写真はのりちゃん。


帰りの有楽町駅で反対方面の車輛の中から、女の子が3人こっちを見て手を振ってました。 

誰に?かって。オレにだったみたいです。

何の反応もできませんでした。


コマネチくらいすれば良かったかな。

楽しめたはず。残念。 

QG2A9963















この人の名前で検索してこのブログにアクセスしていただく方々が多いよう
なのでちょこっと書いてみます。

元気だそうです。
ちょっと前に書きましたが、突然メールがきます。
こっちからメールしたのを忘れた頃にメールがきます。

レースから離れて2年近く経ちますが、ウェイブサイトのアクセス数もあま
りかわらないのです。

この人の放つ雰囲気、走り、キャラクターが今でも見たいってことなんだと、
勝手に解釈しています。

私は8歳からバイクに乗り、レースをし、現在38になりました。
この30年で最高に楽しかったのはこの人と組んだ4年間なんです。

喜怒哀楽って言葉がピッタリの4年間で
感動、反省、後悔、そして達成感。
疲れたって言葉がない4年間でした。

私たちのレースに協力していただいた、スポンサー、仲間、スタッフ、
そしてファンも完全に、この人に魅力にハマってしまったのだと思います。

順位に関係なく評価していただけるライダーは少ないのではないでしょうか。


以前書きましたが、最近いくつか新しいチャレンジをしています。
どのチャレンジも深く追求していきたいと考えています。
ありがたいことに、私には師匠、素晴しいスポンサー様と仲間がいます。
その環境で叱咤激励され自分を深く追求していくことができています。
いたらない事が多いですが、あの4年間があると思うと前に進んでいこうと
強い気持を持てるのです。


新しいチャレンジには、もちろんレースチームも含まれます。
うちのレースチームの色をどこまで取り戻し、達成できるのか。
形になった時にはどれだけ楽しい事が待っているのか。

やるぞ!って想いでいっぱいです。

この不景気な現状なのに、この環境にいれること、感謝です。

 

資料を探しながらパソコン作業してたら・・・・・・

CB4A0042 


















これ2004年の最終戦。スゴーです。

左の人が「◯▲□◇×」と変なことしゃべって満足げに自分のバイクに
戻るの図。

決勝スタート前だちゅーの。

真中の人は昨年藤沢で復活しましたが、フル参戦最後のレース前。

右の人は2人目のお子様がお生まれになったそうです。めでたい。


このレースには、アシュリーフィオレックをはじめ、外人ライダーが
多く参戦。速くなりはじめた、安原さや、山本泉などもいたし、この
年は左の人が女性初のファクトリーライダーとして走ったり。
話題も多く、トップ5にはいる可能性のあるライダーが10人以上。

レディスクラスが全日本になって1番華やかなシーズンだったのでは
ないでしょうか。 

レース/サイン会などのイベントも多かったですよ。


レベル別のクラス分けとか、ワークスパドックとか。
このようなことが実現してもおかしくない時代でした。


色気と刺激があるレディスクラス。

これからは、この時代を見てきた若手が伸びていくのでしょうね!


左は沖幸子 真中は坂輝子 右は会長 鈴木恵美
246ではなく368。

※ 写真クリックすると大きくなります。





 

明日、私と2002年から6年間一緒に仕事してくれた大切な仲間が
新しい夢を達成する為に渡米するんです。

いつでもどこでも元気で明るく、でもシャイで気遣いしすぎる人です。
一緒に仕事している6年間は、まさに喜怒哀楽って言葉がピッタリでした。
あんなに楽しいバイクライフは初めて。


人を元気にする天才。
アメリカの島で何人元気にするのだろう。

身近にいないと思うと心淋しくなります。

とても一生懸命、努力する人なんで、私も負けずにいこうと思います。


いってらっしゃいませ!!

 

okuno










レースお休みして3年の奥野歩希です。

現在は女子大生。

3年前からうちのスクールでインストラクターをしています。

ココ数年はカメラにハマっていまして、写真はここで! 見ていただけます。
写真の腕前もなかなかですよ。

奥野歩希で検索している方がチラホラいらっしゃるようなので、近況お知らせ。




奥野歩希を師匠と呼ぶこの人
久々に優勝しましたね!!!!!!!!
おめでとう!!
うれしいです。








 

scg










この人つながり会合を土曜日に開催。
見てのとうり、あいかわらずです。
職業は人を元気にする天才 笑


DSC01576










同じキャラの共演 笑

楽しいと安い焼肉も極上です!!


現場に居た皆様へ。
オレがキレそうになったサッチャンからの質問ですが、結局帰宅後電話で会話中に
また質問され、あっさりと白状させられました。

あいかわらずです。

 

62219a18.jpg














毎年スゴク!楽しみにしている!!!
ブリヂストンさんのレーシングパーティー。今年も参加させていただきましたー。
同級生のノリちゃんと久々に長話。
ブリヂストンさんありがとうございました。

追記:
その後、汐留でサッチャンと合流して、銀座で朝まで飲み会。
って言っても、2時くらいから寝てしまいまして、始発で帰宅です。
今回もタフなサッチャンから元気いただきました。

↑このページのトップヘ