カテゴリ: レースチーム

s1600_052411hangtownbonus021

開幕してますねー。
開幕するとこういうカッコイイ写真が見れます。

TEAM GUSというプライベートチーム。
バイクも各メーカー並んでますよ。 

パドックのカッコ良さはイベントには必需品ですよねー!

お客様にも楽しんでいただけます。


見に行きたいなー。AMAナショナル。

x-games-16-xl-290000

4月とういうことで新学期。
今日は友人のお子さんがピカピカの1年生になるそうです。

新学期といえば進級。
あらたな目標を決める時でもあります。

2011年になって3ヶ月が過ぎ、本年の活動内容も形になってきました。

今年の弊社の活動はRIDEDAY中心です。
谷田部エンジョイスポーツランドでファーストオフロードバイク、サマーライドなど楽しい事の提案提供。

FREEDOM-Xはプリンスホテルへの企画持込みで確認できたあらたな課題がある。
それをクリアーするには時間がかかりそうです。

XFREEは少しづつ確実に、身近なところから広げていきます。

SCRAPPYGIRLSは今年も活動しません。

しかし!ずっと考えてきた事を言葉にしてみます。

SCRAPPYGIRLS WOMENS RACE TEAMでタラギガーを呼ぶ。
というか呼びたい。
ぜひ!あのカッコイイ走りを見たい!!

これは夢です。

沖幸子とレースする夢を叶えたんだから、できるはず。

夢を実現する為にしっかりと仕事します。

tarah kids

TARAH GIEGERにサインもらうの図。

夢にはどんな時も憧れが必要です。

弊社レースチーム活動中も、毎戦このような光景を見てきました。

それは、いつ、どんな時も微笑ましい光景です。 

当時(2005年)WESTWOOD KTM JAPANとして参戦していた7月の東北藤沢。 

どうしてだか、青木さやかに似ていると言われていた沖幸子。

数人の子供達がテレ隠しなのか「青木さやかー」とうちのパドックの前を通るたびに言っていました。

そして日曜日の決勝後。
その子供達が「沖選手、サインください」とパドックに来ました。

ここで、笑いが漏れた方は沖幸子通です。

なーんと!青木さやか No.3とサインしてしまったのです。
イタズラが得意な沖幸子らしいサインです。

その子供達は目がテンになってました。 笑

でも、その子供達はきっと楽しい思い出話として忘れないと思います。


サインをもらう = 憧れや夢だと思います。

そこに思い出もプラスされた素敵な「サイン」に違いないでしょう。


ちなみに、その子供達には「沖幸子」とサインする事はありませんでした。

これまた、沖幸子らしいでしょ。


皆様も全日本選手権の会場に行って、お気に入りの選手に「サインくださーい!」と言ってみましょう。

帰り道も楽しくなりますよ!




 

sachiko2007sugopink

















12月ですね。

1年あっという間です!

レースチーム活動中、毎年この時期は翌年の資金集めに忙しかったぁ〜。 
ちなみに私のアポ取り電話社数は、年間100社前後でした。

バンバンいってました。

今はそのエネルギーをFREEDOM-XとRIDE DAYとXFREEに使います。

 

↑このページのトップヘ