アシュリー・フィオレック。
現在は引退してスクール他で活動中。
2005年には来日してレースしました。
 
2008年から2012年までアシュリー・フィオレックが牽引したアメリカのプロリーグAMA WMXは
現在のFIM WMXより刺激的でカッコよかった。
アシュリー・フィオレックをジェシカ・ペダーソン、タラ・ガイガーが追いかけ回す。
さらにトップ10までにサラ・プライスなど個性的で速いライダーが揃ってました。 
 
AMA WMXはOG達が中心となって組織化しシリーズ化。
世界中のライダーがココを目指しました。
 
日本からはV8チャンピオン鈴木沙耶が2000年代初めにチャレンジ。
私の記憶だとヒート6位ってあったような。
次の日本からチャレンジは金城さやか。
家族でアメリカに移住して参戦!!
アメリカホンダのファクトリーまで上り詰めました。
最後にチャレンジしたのは益春菜。
GEICO HONDAからスポット参戦。
ホールショットから転倒の5位。
これ以降日本人の参戦はありません。 

この動画はそんな華やかな時代の動画でレッドブル制作。
人気実力があり、こんな空気を持つアシュリーフィオレックだから人気スポーツに
なったんだなって思います。
日本にもこんな感じの時代があって楽しかったな。

現在のAMA WMXは当時ほどの環境ではなくなってしまいFIM WMXが目指す場所。
次の日本からのチャレンジは誰だ!!